【CT125ハンターカブ】足つきの悪さを改善①シート交換

メリ

50歳目前に始まったバイクライフは、想像していた以上の幸福感をもたらしてくれています。

お疲れ様です。メリ子です。

CT125ハンターカブの武骨なフォルムは所有欲を満たし、大容量積載可能な機能性と軽快な走りで、

タフでワイルド、スマートな生活感というスタイルを楽しんでいます。

素晴らしいバイクであるCT125ハンターカブですが、一つの大きな問題があります。

メリ子

足つきが悪いのYO!

長い股下をお持ちの方にはモーマンタイでしょうが、

身長159cm股下短足な私にとっては、安全面での不安が大きいです。

足つきの悪さを改善するため、今回はローダウンシートに交換しましたので

レポートします。

Contents

CT125ハンターカブの足つき

シート高

車種シート高(mm)
教習車CB400SF750
ヤギ夫のMonkey125776
CT125ハンターカブ800

足つきの悪さ

メリ子のプレセカンドライフ

身長159cmでシート高800mmのハンターカブは

両足のつま先は地面に着きますが、母指球は浮き、つま先で支えている感じは弱いです。

メリ子のプレセカンドライフ

停車時に左足だけで車体を支える時は、お尻を少し左にずらせば左足の母指球で車体を支えられます。

信号待ちや停車時に、毎回左にお尻をズラす動作をしなくてはいけません。

平坦な道なら大丈夫そうですが、左側が少し窪んだ道路などでの停車に不安があります。

足つきの悪さ改善策

CT125ハンターカブ、足つきの悪さの改善策を調べてみましたが、

私がチャレンジできそうな改善は3つありました。

CT125足つき改善策
  • シートを交換またはアンコ抜き
  • リアサスペンションをローダウン
  • 靴を変える

他にも、タイヤやホイールインチサイズ変更などもあるようです。(下記ブログ参照)

メリ子

まずは簡単で、色のカスタマイズにもなる
シートの交換をしてみました。

シート交換

購入したシート

TWR製 ローダウン カスタムビンテージシート(ブラウン)

純正シートとの比較

メリ
メリ子のプレセカンドライフ

シートの厚みを比較する写真を撮り忘れました。

TWR製シートの外観
  • シート前方⇒純正よりも幅広
  • シート後方⇒純正よりも厚薄
  • シート裏面⇒見た目ほぼ同じ

純正シートと取り替え

メリ子のプレセカンドライフ
メリ子のプレセカンドライフ

シートの取り替えは、ボルト2本のみなので

あっという間に作業が終わります。

シート交換後の足つき

メリ子のプレセカンドライフ
シート交換前
メリ子のプレセカンドライフ
シート交換後

※同じが画角の写真が撮れませんでした。

純正シートよりも厚みが薄くなっている分、足つきが良くなるはずでしたが。

メリ子

何も変わらない・・・

CT125ハンターカブは、シート後方にかけて車体の幅が広くなっています。

足つきが悪い私は、跨ぎやすくお尻をずらして左足がつきやすいシート前方に乗車しますが、

純正よりもシート前方の幅が広くなっているため、

むしろ足つきが悪くなったように感じます。

乗車位置がシート後方ぎみの方は、シート後方の厚みが薄くなっているので

足つきの悪さ改善になるかもしれません。

TWR製ローダウンシートの乗り心地

足つきの悪さを改善する事は出来ませんでしたが、

TWR製ローダウンシートの乗り心地は、結構よいです。

純正シートもクッションがよい訳ではないので、

乗り心地については問題ありません。

結論

CT125ハンターカブの足つき改善策として、

ローダウンシートへの交換を試しましたが、効果がありませんでした。

TWR製ローダウンシートは、乗車姿勢と位置によっては、

足つきが良くなるかもしれませんね。

安全面への不安につながる、CT125ハンターカブの足つき問題を解決すべく、

二つ目の改善策、ローダウンリアサスペンションを導入しましたので、次回レポートします。

    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    Contents
    閉じる