バイク用インナープロテクター【コミネSK-693】レディースのサイズ感と着心地

メリ子のプレセカンドライフ

こんにちは、メリ子です。

バイク用インナープロテクター、コミネSK-693を購入しました。

レディースのサイズ感と着心地などをレビューします。

Contents

インナープロテクターとは

インナープロテクターは、アウターの下に着用するインナーにプロテクターが入っているものです。

上半身は長袖タイプやベスト型などがあり、胸・背中・ヒジ・肩などを保護し、

下半身はアンダーパンツ型などがあり、腰回りやヒザを守ります。

インナープロテクターのメリット

インナープロテクター最大のメリットは、好きな洋服を着てバイクに乗れる!

ではないでしょうか。

バイク用のプロテクター付きジャケットやパンツは、

種類も豊富でたくさんの中から選べますが、

テイストが偏っている気がします。

メリ子

インナープロテクターはバイク専用ウェアを買う必要がなく
いつもの好きな洋服を着ながらもバイク運転時の安全確保が出来ます!

インナープロテクターのデメリット

インナー型なので、脱着がしにくい。

バイクで出かけた先でプロテクターを脱ぎたい、

でも洋服を全部脱がないと脱げない。

通勤などで使用する際は、出退社時に着替えが必要になります。

コミネのインナープロテクターを選んだ理由

私がコミネのインナープロテクターを選んだ理由

  • アウターは普段通りの好きな洋服を着られる
  • 真夏以外の3シーズンで使えそう
  • 安全性は高いがリーズナブル

アウターは普通の洋服を着るので、

インナープロテクターは、見た目より安全性とコスパ重視

コミネ|SK-693 CEアーマードトップインナーウェアを選びました。

コミネSK-693

商品詳細

インナープロテクションウェアとして好評のSK-625の上級モデル。

伸縮素材の優れた着心地にハードプロテクターをフル装備。肩・肘・背中には独自取得した欧州CE規格モデルを、胸部にはより優れたフィット感を実現した新型ハードプロテクターを内蔵。

コミネ公式より

プロテクター

メンズとレディースでは、装備プロテクターの種類が違います。

女性でメンズを着用される方、SK-693装備プロテクターが身体にフィットしない方は、

別売りの好きなプロテクターと入れ替える事が出来ます。

コミネ以外のメーカーのプロテクターも入れ替え可能です。

メリ子のプレセカンドライフ
コミネ公式より

洗濯

プロテクターを外し普通に洗濯する事が出来ます。

装着してみました

UNIQLOコットンヒートテック + スポーツ機能性インナー

その上からコミネSK-693を装着しました。

メリ子のプレセカンドライフ
メリ子のプレセカンドライフ
メリ子のプレセカンドライフ
メリ子のプレセカンドライフ
メリ子

SK-693だけでの使用もアリ?ですが
私はアウターに普段の洋服を着ます

サイズ感

メリ子のプレセカンドライフ
コミネ公式より

レディースはワンサイズしかないので、サイズ感が気になる方は多いと思います。

身長159cm、普通より大きめ体形で普段の洋服はレディースのL~LLを着用していますが、

コミネSK-693のレディースは、ジャストフィットでした。

伸縮性が高い生地ですので、ある程度の体系はカバー出来そうです。

コミネSK-693レディース(私が思う適応サイズ範囲)

普段の洋服がレディースのM~LL

アウターへの影響

メリ子のプレセカンドライフ

私は大きめのアウターを着る事が多いので参考になるかわかりませんが、

肩と背中のプロテクターがゴツく、ガタイがよくなります。

残念ながら「プロテクター装着感」は出てしまい、アウターへの影響アリと言えます。

着心地

ハードプロテクターのため鎧を着ているような着心地ですが、すぐに慣れます。

バイクの運転操作に影響する事はなく、走行中はガッシリと守られている安心感があります。

記事はメッシュ素材で薄いので、防寒の役割は全くありません。

暑い季節は涼しそうな気もしますが、プロテクター部分がムレそうです。

コミネSK-693を着たまま車の運転

SK-693を着たまま車の運転をしてみましたが、

背中のプロテクターが首の後ろまで押し上げられ

案山子(かかし)状態となりました。

メリ子

SK-693を着用しての
車の運転はオススメしません。

個人的な問題点

これは私の体形の問題なのですが、参考になればと思います。

ヒジの位置が合わない

メリ子のプレセカンドライフ

肩から指先までしっかりと合わせ着用しても、

ヒジとヒジプロテクターの位置が合いません。

猿腕(猿手)

ヒジとヒジプロテクターの位置が合わない原因は、

猿腕(猿手)だからだと思います。

猿腕(猿手)とは

腕が反り返っており、両ヒジ肘と小指をくっつけた状態で手がまっすぐ伸ばせる腕の事

メリ子のプレセカンドライフ

画像では小指を伸ばしていませんが、私は幼い頃から猿腕でした。

私のような猿腕の場合、プロテクターの位置が固定される

ジャケットタイプやインナータイプのプロテクターは

ヒジの位置にズレが生じ、安全性を欠くかもしれません。

ヒジ単体のプロテクターがいいのもしれませんね。

その他のインナープロテクター

コミネSK-693以外で、購入検討したインナープロテクターを紹介します。

コミネSK-833 ウインタープロテクトインナージャケット

コミネSK-833は、冬場のインナープロテクターとして活躍しそうです。

冬以外の着用が出来ないため候補から外れました。

サイズが豊富で、メンズS~6XLB、レディースはMとLがあります。

デイトナ ヘンリービギンズ SAS-TEC CE規格 耐切創(HPPE)

HPPEマテリアル(耐切創繊維)という摩耗に強い生地を使用しています。

アスファルトでスライディングしても破れないでしょう。

SAS-TECのプロテクター装備で、普段は柔らかく衝撃に応じて硬度が変化します。

レディースサイズが無いので、胸部プロテクターが身体に合うのかわからず

候補から外しました。

南海部品 メッシュストレッチプロテクターインナー ユニセックス (大人)

こちらはソフトプロテクター装備ですが、口コミを見ると

肩から腕にかけてのサイズが大きく、生地の耐久性が心配との声がありました。

おまけ:ヒザプロテクター

下半身は、ヒザのプロテクターを導入しました。

メリ子のプレセカンドライフ

サイズはMにしました。

製品下部にマジックテープベルトがあり、ふくらはぎ部分で固定できます。

アウターのズボンに干渉しないよう、マジックテープ部分を上に折り返して

使用しています。

折り返さず着用した場合、マジックテープとデニムがひっつくという事は

ありませんが、足首方向にズレ落ちる事があったので、

折り返して使用しています。

まとめ 

コミネSK-693は、お手頃価格でしっかりと安全性を確保したい方に

オススメできる製品です。

ジャケットタイプはプロテクター位置が固定されるため、

体形によっては、身体にフィットしない事があります。

試着してからの購入をオススメします。

    メリ子のプレセカンドライフ

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    Contents
    閉じる