【大型二輪】卒検に落ちまくり。沼から抜け出せるのか?|アラフィフ・カブ乗りの教習記録

こんにちは、メリ子です。

大型二輪教習、いよいよ卒検です!

結果から申し上げますと、卒検に落ちまくりました。

何回目で合格するのか?

アラフィフ・カブ乗りの大型二輪教習、卒検沼をレポートします。

長文になってしまいましたが、お付き合いいただけると幸いです。

教習車:CB750

メリ子のスペック
  • もうすぐ50歳
  • 怖がりだけど好奇心だけは前のめり
  • 身長159cm
  • 普通二輪MT免許有り
  • CT125ハンターカブ乗り
  • たまにMonkey125

普通二輪の教習記録はコチラから

Contents

卒検

明け方から降り続いていた雨は止み、路面は少し乾きはじめています。

天気予報は今日も雨ですが、雨雲レーダーを見る限り卒検が終わるまでは降らなさそう。

集合時間より25分早く教習所に到着。

卒検検定員のKM教官は、すでに卒検の準備を始められていました。

検定車

「クラッチが遠いバイク」

メリ子

がっちょーん。

「クラッチが遠いバイク」は、坂道発進が私には難しく教官のご厚意で封印していたバイクです。

検定車として使えるバイクは2台で、

クラッチ操作がしやすい「いつものバイク」と、

坂道発進が難しい「クラッチが遠いバイク」という選択肢があるハズだったのですが・・・

検定員「「いつものバイク」の調子が悪いため「クラッチの遠いバイク」になりそうです。」

メリ子

昨日のみきわめも「クラッチが遠いバイク」でしたが
なんとか坂道発進ができたので、大丈夫です!
(潜在意識の書き換え)

検定員「検定ギリギリまで「いつものバイク」が使えるよう整備してみます。」

メリ子

ありがとうございます。
どちらでも大丈夫です!
(潜在意識の塗り替え)

検定説明

定刻となり、検定説明が始まりました。

受検者は、メリ子ひとりだけ。

検定の注意事項、一発中止項目などの説明を受けます。

緊張しない予定でしたが、心臓がバクバクし始めました。

平常心。平常心。と心の中で唱えます。

検定員「厳正なる抽選の結果、検定コースは№2です。」

検定コース№2

指定速度→クランク→S字→波状路→坂道→一本橋→踏切→急制動→スラローム 

雨は降っていませんが、路面はややウェットなため急制動は14mとなりました。

卒検開始

「いつものバイク」は整備が間に合わず「クラッチが遠いバイク」で検定スタート。

検定員に手を上げ、一連の乗車お作法にのっとり乗車しエンジン始動。

メリ子

心地よい緊張感!
(言い聞かせ)
いってきます!

  • 指定速度
  • クランク

左折でクランクに入ったところで、左側に転倒。

天を仰ぎ、卒検一発中止。

メリ子

なにが起きたの?
なんで転倒した?

とりあえずバイクを引き起こそう。

検定員「大丈夫ですか?」

引き起こしを助けて下さりました。

検定員「卒検はここで中止ですが、コース№2を最後まで続けて下さい。」

検定員「バイクが倒れた後はすぐにエンジンがかからないので、その間に気持ちを落ち着けましょう。」

検定中止後のコース走行

  • S字
  • 波状路 5.3秒
  • 坂道発進
  • 一本橋 8秒台
  • 踏切
  • 急制動(14m)
  • スラローム 8秒台

検定員「タラレバですが、クランクの転倒がなければ合格でした。」

メリ子

ぐやじーでず!!!

次の卒検を受けるには、1時限の補講を受けるというルールがあります。

当日に空きがあり補講を入れてもらい、翌日2回目の卒検となりました。

クランク転倒の原因

なぜクランクで転倒したのか?

検定員にはフロントブレーキを強く握ったからと言われましたが、

その前にフラつきがあり、とっさにフロントブレーキを握ってしまったのだと思います。

フラつきの原因をずっと考えていましたが、卒検沼に陥っている時にはわかりませんでした。

レポート作成のため状況を整理して分析した結果、クラッチが完全に切れてしまいフラついた

のではないかと思います。

半クラッチで左折しクランクに進入しましたが、「クラッチが遠いバイク」だったので、

断続クラッチのつもりのクラッチレバーの半握りで、クラッチが切れた状態になったのかもしれません。

卒検補講1

「クラッチが遠いバイク」

KM教官。外周2。

卒検で中止となったクランクは3回成功。

教官「クランクの反対から入るパターンもやってみましょう。」

逆パターンのクランクも3回成功。

(この時は、卒検の転倒原因がクラッチ操作だったとは気づいていません。)

緊張しなければ、「クラッチが遠いバイク」でもクランクは大丈夫!

その後スラロームと急制動を数回おさらいし、卒検コース№2を2周。

一本橋も落ちず、一発中止になるミスもなし。

急制動でアクセルオフとブレーキのタイミングが微妙に怪しい感じもありましたが、

翌日の卒検はイケる!そう思いました。

卒検2回目

朝方に降った雨で路面はウェット。雨は止んでいる。

受験者は、メリ子1人。

検定員「厳正なる抽選の結果、検定コースは№2です。」

メリ子

デジャブ!

卒検説明が終わり、昨日と同じKM検定員が検定車の暖気のため

卒検コースを走行しながらコースの点検をする様を見守る。

時折、バイクから降りコース上の小石を取り除いている。

いつもの職務を淡々とこなされているのかもしれませんが、

私1人の卒検のために、安全配慮と万全の準備をして下さる事に感極まると共に

「今日こそ絶対に合格せねば!」と気合が入る。

検定車

「クラッチが遠いバイク」

メリ子

昨日の補講もうまくいったし
大丈夫!!!
(自己洗脳)

卒検2開始

雨は降っていませんが路面ウェットで急制動14m。

  • 指定速度
  • クランク

クランク内、二つ目の角を左折後出口手前で左にフラつき気味になりましたが、

昨日の教訓でフロントブレーキは握らずリアブレーキでなんとか立て直すも左足を1回着地。

パイロン接触は無し、落ち着いて右後方確認後、ギアを1速に落とし、卒検続行。

  • S字
  • 波状路 5秒以上
  • 坂道発進
  • 一本橋

一本橋の直線上に停止できず、やや右よりに停止。

頼む!後輪よまっ直ぐ橋に乗ってくれ!の意識が強すぎたのか、

後輪が乗ったと同時に左に落輪。

卒検一発終了。

検定中止後のコース走行

  • 踏切
  • 急制動
  • スラローム 8秒台

緊張に打ち勝つ技量に達していないのか?

翌週の月曜と木曜、2回の補講を入れてもらい、金曜に3回目の卒検となりました。

卒検補講2-1

MT教官。

久しぶりの「いつものバイク」

修理が終わり、次回の卒検にも使えるとの事で嬉しい!

外周3。

一本橋は外周含む8本中6本成功。タイムは7秒後半から8秒台。

久しぶりの「いつものバイク」なのに

2速半クラでのクランクに違和感を感じる。

メリ子

ノッキングがひどい
エンストしそう

クランクは卒検1回目で転倒、2回目で左足着地しているため

苦手意識がついてしまっている上、エンストの恐怖。

何度か1速でのクランクにも挑戦しましたが、アクセルの入れ方が難しく

2速でエンストに注意しながら、クラッチ切り過ぎず、リアブレーキでスピードを調整し

ハンドルで曲がりアクセルを入れる・・・

メリ子

クランクってこんなに忙しかったっけ?

久し振りの「いつものバイク」なのにパイロン接触しまくりのクランクに絶望

クランクの通過方法は何が正解なのか?わからなくなりました。

卒検補講2-2

MT教官。外周3。

「いつものバイク」で嬉しいハズなのに、

クランクでノッキングを経験し五里霧中。

急制動5本、スラローム4本。

スラローム中も2速でガタガタとノッキング。

クランク成功率3/5。心配通り2速クランク内でエンスト。

メリ子

3回目の卒検は明日。
クランクできる気がしません。

クランクへの苦手意識がひどくなる一方です。

教官にあと1回の補講を申し出ましたが、「完璧を求めだしたらキリがない」

「ちゃんと出来ているから大丈夫」と却下されました。

卒検3回目

晴れ、路面乾燥。

受験者は、メリ子と大型二輪の若い男性の2名。

検定員「厳正なる抽選の結果、検定コースは№2です。」

メリ子

もはや暗黙のルール?
ありがたい!ですが。。。

2回目の卒検に落ちた後の2回の補講で、クランクがわからなくなったまま

迎える3回目の卒検。

検定車

「いつものバイク」

「クラッチが遠いバイク」「いつものバイク」

違いはクラッチの繋がる範囲、遊びなのですが、

2速の断続クラッチを使うクランクは、どちらのバイクもクセが強く注意しなくてはいけません。

卒検3開始

路面乾燥で急制動11m。

走行順は、1番若い男性(大型二輪)、2番メリ子。

若い男性の走りを見守る。クランクもスラロームも上手!

そしてメリ子の番です。

  • 指定速度
  • クランク

左折で進入し最初の曲がり角を右折しきれずパイロン接触大、

一発検定中止。

クランクは完全にトラウマ化しています。

検定中止後のコース走行

  • S字
  • 波状路 5.3秒
  • 坂道発進
  • 一本橋 8秒台
  • 踏切
  • 急制動(11m)
  • スラローム 8秒台

一緒に大型二輪の卒検を受けた若い男性は、一本橋で落ちてしまったそうで、

卒検終了後に一緒に補講を受ける事になりました。

よくよく話を聞けば、若い男性は娘の同級生だという事が判明。

娘の事を覚えていてくれて、そこから話が弾みました。

卒検補講3-1

KM教官。外周2周。

「いつものバイク」

一本橋 成功5/5本。

スラローム 成功3/5本。2速でガタガタとノッキング。

センタースタンドを立てて乗車し、クランクを想定しハンドルで曲がる練習。

みきわめをクリアし、卒検を受ける状態の人がする練習ではありませんが、

どんな時でも徹底的に基礎から教えて下さる、とても心強い神教官です。

クランク進入の仕方、最初の角の曲がり方に対し、

二つの連続したカーブを曲がる様にとアドバイスをいただく。

教官「クランクの入口に軍手を置きましたので、軍手を踏むライン取りで進入してみて下さい。」

二つの連続したカーブを意識し、やや右寄り2速でクランクに進入。

メリ子r

二つ目の右折が
劇的に曲がりやすい!

ライン取りでクランクへの自信を取り戻しつつありましたが、

「いつものバイク」で心配な事は、ノッキングからのエンスト。

メリ子

今さらですが、もう一度、
1速でクランクをやってみてもいいですか?

教官「いいですよ、1速でライン取りに注意してやって見て下さい。」

1速超低速でバイクを倒さずハンドルで曲がる。ノッキングもなくいい感じ。

明日の卒検はクランク1速でいこう!

その後、卒検コース№2を2周し、補講終了。

卒検4回目

明け方までの雨は止んでいますが、路面はウェット。

受験者は、メリ子と昨日の若い男性(娘の同級生)。

今日はメリ子が1番。

検定員「厳正なる抽選の結果、検定コースは№2です。」

メリ子

ずっと同じコース、
同じ検定員(神教官)。
今日こそ合格!

検定車

「いつものバイク」

バイクによりクラッチのクセが違いますが、

どのバイクで卒検を受けようとも結果は変わりません。

卒検4開始

路面ウェットで急制動14m。

卒検4回目にして、なぜか一番緊張している。

今日こそ!の気合が空回りとなるのか?

  • 指定速度
  • クランク

交差点で2速から1速に減速しクランクに進入しようと左折。。。あれ?1速に入っておらずニュートラル。

クランク入口付近で左足を着き停止。

メリ子

今日もクランクでダメ・・・
もうガックシ・・・

がっくりと肩を落としうなだれましたが、いつも通り最後までコースを周らねばと、

後方確認しギアを1速に入れクランクに進入再開。

その後のコースは、どうやって周ったのか記憶にありません。

発着場でバイクを降車し、検定員に挨拶。

メリ子

今日も申し訳ございません。

検定員「今日は最後までいい感じでしたね!よかったですね!」

メリ子

慰めて下さると余計につらいかも・・・

卒検結果

娘の同級生と卒検結果を待つ間、クランクの左足つきは一発中止ではないんじゃ?

クランクに進入する手前の停止とみなされるんじゃ?などという話になり、

足つきが大丈夫だったとして、その後の課題はどうだったのか?

クランクで一発中止だと思ったショックで、その後の課題をどうこなしたか思い出せません。

30分ほどが過ぎ、検定員の方が入室され、結果発表。

検定員「お二人とも、合格です。」

メリ子

うそでしょーーー?
記憶がないクランク後の課題も安全確認も大丈夫だったの?
ありがたい!ありがとうございますぅーーー!!!

教官「一本橋とスラロームのタイム、ウィンカー忘れで減点があったものの70点以上で合格です。」

クランク一発中止と勘違いした後は、潜在意識がしっかりと課題をこなしてくれたおかげで、

4回目の卒検で合格する事ができました。

大型二輪 卒検 まとめ

卒検沼にハマったアラフィフ・カブ乗りの卒検レポートお送りしました。

卒検結果まとめ
  • 卒検1回目→クランク内転倒(一発中止)
  • 卒検2回目→一本橋落輪(一発中止)
  • 卒検3回目→クランク パイロン衝突(一発中止)
  • 卒検4回目→合格

卒検4回、卒検補講4回で、卒検沼を脱出する事が出来ました。

最後まで丁寧に指導をして下さった教習所の皆様には感謝の気持ちで一杯です。

無いとは思いますが、ちょっとオマケがあっての合格?とも言い切れません。

メリ子

合格をいただいたからには、
安全運転でバイクを楽しみたいと思います!

大型二輪の教習は卒業出来ましたが、免許の併記が済むまでは

大型バイクに乗る事はできません。

普通二輪免許併記の様子はコチラ↓

最後まで読んで下さりありがとうございました。

    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメント一覧 (4件)

    • こんにちは
      つい1週間ほど前に、私もアラフィフで20代で普通免許取得後、原付のみで以降30年ちかく2輪全く乗らず、一念発起で普通2輪後、1か月で大型二輪を合宿で取得しました
      拝読していて、私自身も蘇るようでした
      私もそれまで全くノーミスだったのに最終の2段階みきわめでクランク脱輪を経験しました
      朝一の教習がはじめてということもあり、指導員からも体が動いてないんじゃないかと言われた直後に脱輪しました
      やはり、年齢には勝てず若い時は寝起きでもなんともない作業が腰が痛いだの肩が張っているだのなんかいつも朝はだるいなって思っていましたが、指導員のアドバイスでストレッチやってからはいることにしたら卒検も一発で合格しました
      また、緊張もありクランクの進入経路を外側から入ることもすっかり忘れていたことにも気づかされました
      お互いご安全にバイクライフ楽しみたいですね

      • ラグビーこうき様
        卒検一発合格!おめでとうございます!
        私も卒検当日の朝はラジオ体操をして体をほぐしていましたが(都合4回^^)、緊張には勝てませんでした。
        お互いにこれからのバイクライフを楽しみましょうネ♪
        コメント嬉しいです。ありがとうございます。

    • メリ子さん!卒業おめでとうございます。大型二輪気を付けて、乗ってください。私も大型二輪の免許を持ってますが、教習のクランクは大変でした。教官は、みてるものですね。クランクのパイロン触ってしまい、「パイロン触ったべ?」と言われた事を思い出しました。

      • 佐藤浩徳様
        クランクと1本橋には苦労しました。クランクのコースは卒検前に必ず見に行き「広い、余裕!」と思い込み作戦などもしてみましたが
        強敵な魔物に何度も敗北しました。私の場合はパイロン接触では済まない失敗がほとんどでした。
        教官はよく見ていらっしゃいますね。佐藤様のコメントに思わず「触ってないべ?」とつぶやいてしまいました^^
        コメント嬉しいです。ありがとうございます。
        安全にバイクを楽しんでいければと思います。

    コメントする

    Contents