【普通二輪MT】第1段階-12時限目(延長3)初スラローム【40代後半女性】

メリ子のプレセカンドライフ

スラロームって忙しいですね。

お疲れ様です。メリ子です。

いよいよ、曲線バランスの課題に突入しました。

初めてのスラロームでしたが、ハンドル頼りな曲線走行となり

リズミカルさが全くありませんでした。

八の字でバイクを傾ける練習をしたのですが、

ある程度の速度が出ていれば、バイクを倒しても

バランスを崩すことなく旋回が出来るのですね。

ハンドルを切りバランスを崩す事がすごく怖かったのですが、

八の字の旋回をしてからは、ハンドリングへの恐怖も和らいで来ました。

メリ子

旋回ちょー楽しい!

スラロームでもバイクを倒すことが出来れば、

もう少しスムーズな曲線走行になるのでしょうね。

亀のような教習進度ですが、確実に安全な操作走行が出来るようにしっかりと基礎を叩きこみます。

メリ子の進捗教習項目
第1段階-12時限目12
進度マニュアル 教習項目
第1段階-12時限目 延長3

詳しい教習進度マニュアルについては、コチラの記事をご覧下さい。

今日の教習項目

12.バランスのとりかた(曲線)

それでは、れっつらゴー!

Contents

外周ぐるぐる

A教官。

外周の途中にある1本橋に寄り挑戦。

早めに落下。

メリ子

あちゃーー
1週間で初心者に戻ったばい

1本橋

外周ウォーミングアップ終了後、再度の1本橋へ。

今度は乗ってすぐに落下。

メリ子

なんということでしょう!

あれほどコツをつかんだニーグリップとハンドルクイクイを

使う間もなく落下とは。

教官「はいその先で2速でUターン」

メリ子

なんですと?
2速でUターンですと?
1速でしかした事なかですばい

2速での初Uターンは曲がり切れませんでした。

教官「ではそのまま八の字に行きましょう」

八の字

リーンウィズ

教官「2速でクラッチ操作なし、リアブレーキを使って八の字をしてみましょう」

教官「目線は対岸付近、最初はリーンウィズでバイクも体も傾けて」

発進し2速にギアチェンジ、対岸を見ながらバイクを傾けて。

メリ子

あれ?
前に1速でやった八の字はハンドルを切るのが
怖くてたまらなかったけど、
2速で目線とバイクを曲がりたい方に傾けると
簡単に円を描いてくれる!

教官「リアブレーキ引きずっていいですよ、バイクが安定します」

教官「方向転換の前でリアブレーキ離してスピードアップ」

教官「旋回に入ったらリアブレーキで調整」

教官「はい、もう少し小さい円描くよ!内側の線の上を旋回」

メリ子

ひょえーー
目が回る
右旋回は右ひざ開いちゃう

教官「いいですよー、リアブレーキうまく使って」

リーンアウト

教官「そのままもっと小さく、内側の線の中50cmくらい中を小さく廻りますよ!」

教官「バイクだけ倒してリーンアウト」

教官「バイクだけ倒してお尻はシートの外側で!」

メリ子

ひょえーーー
回って方向転換して
もはや何してるかわからんけど
ちょっと出来てるーーー
ちょーー楽しい!

教官「いいですよーー、欲張らない!あまり小さく回らないでーー」

教官「アクセル一定も練習だからねーーー」

きれいな旋回ではなかったと思いますが、

バイクを操るってこういう事か!という初めての感触を

得ることが出来ました。

1本橋

八の字の後は、また1本橋。

メリ子

1本橋で時間を取られては
曲線走行ができなくなる!
絶対落ちぬ!

1回目:1本橋途中落下、2速Uターン華麗に成功

2回目:1本橋成功(8秒)、2速Uターン成功

教官「ではスラロームをやりましょう」

メリ子

やっと曲線行ける!

初スラローム

スラローム(連続進路転換コース)

人と車が一体となったリズミカルな走行

あまり低速ではかえって通過しにくい

アクセルとブレーキ、バンク角とバランスでスピーディに通過

・はじめは低速で、慣れてきたら徐々に速度を上げて練習する

目標タイム

大型二輪・・・7秒以内

普通二輪・・・8秒以内

株式会社アイム 株式会社コヤマ交通教育サービス「自動二輪運転教本」

白線スラローム

教官「私の後ろをついて来て、行きは3速、帰りは2速で

   外周白線の切れ目を使って大きく左右に蛇行します」

教官の後ろにつき、教官の走行コースをたどる様に

左右にバイクを傾け起こし傾け起こし・・・

メリ子

バイクなかなか倒しきらん

白線の切れ目など関係なくヒョロヒョロとした進路転換しか

出来ませんでした。

パイロンスラローム

教官「交差点から右折で2速で進入、パイロンに当たらないように」

教官「バイクを倒し、次のパイロンまでにほんのちょっとアクセルを入れると

   バイクが起き上がります。すぐにアクセルを戻して方向転換」

教官「目線は少し先のパイロンで」

メリ子

パイロンに当てる気しかしない

初めてのパイロンスラローム、2速ヨロヨロで進入。

パイロン手前での減速もなく、アクセル入れる暇もなく

ただただハンドル頼りな進路転換でしたが、なんとか

パイロンに接触しませんでした。

教官「10秒」

メリ子

うWow!

教官「とりあえず最後のパイロン通過したら出口まではアクセルあけて下さい。」

2回目のスラローム、1回目より気持ちバイクを倒せましたが、

バイク立て直しのアクセルを入れる事が出来ずハンドル操作でクリア。

出口のみ少しアクセルを回せました。

教官「10秒」

メリ子

新たな強敵スラローム
8秒以内で通過するには
アクセル開閉が必要ね

スラロームのポイント

・先のパイロンを見るようにする。

・肩と腕の力を抜く。

・ニーグリップを確実にする。

・急激な加速にならないように、アクセルの開閉に注意。

・前輪ブレーキをかけるとバランスを崩すので、後輪ブレーキで速度を落とす。

・コース内ではギアチェンジしない。

株式会社アイム 株式会社コヤマ交通教育サービス「自動二輪運転教本」

第1段階-12時限目 まとめ

初めてのスラロームは、パイロンが怖くて逃げてしまうかと予想していましたが、

八の字の旋回練習のおかげ様で、恐怖心も無くなんとか通過する事ができました。

卒業検定での目安タイムは8秒以内。1秒オーバーごとに5点の減点。

タイム測定があるスラロームと1本橋は、緊張に負けないような

技能の向上を目指して行きたいと思います。

バランスを崩すことでバイクを操作する、という感覚が

やっとわかって来ました。

メリ子

バイクは楽しい!

免許取得中のみなさん、一緒に頑張りましょうね。

応援ありがとうございます♪
    メリ子のプレセカンドライフ

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    Contents
    閉じる