【40代バイク免許】第2段階-2時限目 HYPER-VTECで?クランク撃沈【普通MT】

メリ子のプレセカンドライフ

HYPER-VTECでの低速走行は、私には難し過ぎました。

お疲れ様です。メリ子です。

いつもの教習はCB400SFなのですが、

今回はCB400SF HYPER-VTECと書いてあるバイクでの教習でした。

HYPER-VTEC の特性なのか、1速のアイドリングでも

かなりのスピード(ヘタクソ教習生の主観)で進むので

いつもの低速走行のようには行きませんでした。

◆二輪車の車両特性を理解し余裕のある安全運転を目指します◆

メリ子の進捗教習項目
第2段階-2時限目2・3・4・5
進度マニュアル 教習項目
第2段階-2時限目 2・3・4・5

詳しい教習進度マニュアルについては、コチラの記事をご覧下さい。

今日の教習項目

  • 2.通行区分など
  • 3.走行ポジションと進路変更
  • 4.交差点の通行(直進)
  • 5.交差点の通行(右折)

それでは、れっつらゴー!

これまでの教習記録はコチラ

Contents

HYPER-VTEC

IT教官。

いつもの青いCB400SFが空いておらず、第2段階半ばでやっと乗れるようになる

黄色の CB400SF  HYPER-VTEC と書いてあるバイクに乗る事になりました。

メリ子

怖がりでも第2段階まで来れました
黄色の HYPER-VTEC ちゃん4649!

意気揚々と HYPER-VTEC車にまたがります。

おやおや?足付きが悪い。

つま先ツンツン程でもないですが、踏ん張りが効かない感じです。

教官「いつものバイクよりもシート高が少し高いです」

教官「色々なバイクに慣れるよう、頑張って乗ってみましょう。」

外周

初めての HYPER-VTEC 車ですが、走り出せば何の違和感もなく、

むしろニーグリップパッドがついており、ニーグリップがしやすくなっています。

一本橋

HYPER-VTEC 車での一本橋。

メリ子

ナニコレ!
1速断続クラッチでも
めちゃくちゃ進んじゃう!

いつものCB400SFとは全然違います。

一本橋は、平均台に乗り断続クラッチとリアブレーキで

速度コントロールしているのですが、

HYPER-VTEC 車 はグングン進んでしまいます。

メリ子

乗りこなしきらんかも

外周で一本橋は2回しましたが、2回ともなんとか成功。

タイムは足りないでしょうね。

Aコース

第2段階では、コース走行をしながら教習課題を習得して行きます。

コースの中に、第1段階で習得した課題が盛り込まれています。

第2段階-2時限目の教習課題

2.通行区分など

 ①通行区分(キープレフトを含む)に従った運転

 ②標識・標示に従った運転

 ③信号に従った運転

3.走行ポジションと進路変更

 ①安全な走行ポジションの確保

 ②合図の時期および方法

 ③進路変更の時期および方法

4.交差点の通行(直進)

 ①信号、標識・標示の読み取りと対応のしかた

 ②交差点への接近のしかた

 ③交差道路の交通状況のとらえかた

 ④対向車などの動きのとらえかた

 ⑤歩行者などに対する気配りのしかた

 ⑥交差点内の走行位置と速度の選びかた

5.交差点の通行(右折)

 4.交差点の通行(直進)に同じ

 

「自動二輪運転教本」株式会社アイム 株式会社コヤマ交通教育サービス

早速、Aコースを走行します。

クランク 撃沈

左折、2速で進入はOK。

直進して90度右折なのですが、

いつもの速度より速く進入してしまい、

曲がり切れずパイロンに突っ込む手前で停車。

ヨタヨタとバックし、なんとか曲がり切り、

次の左折90度は1速でクリアし通過しました。

メリ子

今までクランクはノーミスだったのに!
HYPER-VTEC 車 の
せいにしていいですか?

S字

方向の切り換えが滑らかではなく、カクつきがちですがクリア。

坂道発進

左折すぐの坂道はすごく苦手。

右に膨らみながら坂道に進入。

坂道発進は慣れて来ました、クリア。

一本橋 超高速

体感的には超高速で通過。

メリ子

HYPER-VTEC めっ!

踏切

問題なし。

急制動

まだ習っていないので、30km/hで普通に停止。

スラローム スイスイ

スラロームは、圧倒的に

HYPER-VTEC 車 がやりやすい!

スイスイ進みます。

アクセルオンしなくてもスイスイです。

タイム計測はありませんでしたが、気持ちよくクリア。

クランクと左折

Aコースを周り終わり、全然ダメだったクランクと、

クランク出口左折のむくらみ指摘されました

残りの時間は、クランクと左折を猛練習させてもらいます。

HYPER-VTEC 車 は、1速断続クラッチとリアブレーキでの

速度調節が難しく感じます。

ヘタクソ教習生の私は断続クラッチでスピードを落としきれず、

もしくはリアブレーキの微調整が出来ずスピード落としすぎてしまう。

メリ子

もはやクランクでの心地よい速度を
思い出せぬ。

ならばと、1速でクランクを試してみると、意外といいじゃない?

HYPER-VTEC 車 でのクランクは1速がいいかな?

という所で、教習終了となりました。

左折のふくらみは、ほんの少し改善されましたが苦手です。

第2段階-2時限目 感想

初めての HYPER-VTEC 車 。

低速走行の速度コントロールに苦戦しました。

さんざん、 HYPER-VTEC 車 だから低速グングン進むと書いていますが、

HYPER-VTEC 車 の特性ではなく、バイク個体の調整差かもしれません。

どちらにしても、

ヘタクソ教習生は、いつもと違ったバイクに乗ると撃沈しやすい。

という事を体感できました。

そして、教習原簿の補習項目名には、3.と 5.の文字が

補修項目名

 3. 走行ポジションと進路変更

 5.交差点の通行(右折)

クランクと左折の練習に時間を取られ、

本来習得すべき第2段階での課題が出来なかったようです。

メリ子

第2段階も
時間がかかりそうです

    メリ子のプレセカンドライフ

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    Contents
    閉じる