【40代バイク免許】第2段階-6時限目 カーブの安全と体感走行【普通MT】

メリ子のプレセカンドライフ

教習が進んでいないようで、ジワジワと進んでおります。

お疲れ様です。メリ子です。

今回はカーブの安全走行、体感走行、コース走行、

教習時間の最後に、初めての急制動をしました。

◆二輪車の車両特性を理解し余裕のある安全運転を目指します◆

メリ子の進捗教習項目
第2段階-6時限目9・10・11
進度マニュアル 教習項目
第2段階-6時限目 15

詳しい教習進度マニュアルについては、コチラの記事をご覧下さい。

今日の教習項目

  • 9.カーブの安全走行
  • 10.カーブの体感走行
  • 11.急制動

それでは、れっつらゴー!

これまでの教習記録はコチラ

Contents

外周

AG教官。

外周2周。

一本橋

2回中、1回落下。

教官「平均台に乗るスピードが遅すぎると落ちますよ

メリ子

基本を忘れていました
元気よく平均台に乗り
その後スピード調整!

カーブの安全走行

教官「今日は、さまざまなカーブ走行をします」

カーブ手前での安全な速度

等速コーナリング走行

カーブの進入速度が速いと、コース外へはみ出してしまう。

カーブ半径に応じた車のスピードと遠心力の関係を理解し、安全速度の限界を知ろう。

 ①直線部分で走行した速度のままカーブに進入する。

 ②カーブでは、アクセルを戻さないで等速で走行する。

「自動二輪運転教本」株式会社アイム 株式会社コヤマ交通教育サービス

カーブ手前で減速せず、さまざまな速度での

等速コーナリング走行を体感します。

20km/h

自然なセルフステアで安全に曲がれました。

25km/h

怖がりなので目が泳いでしまいました。

20km/hよりも膨らみます。

30km/h

メリ子

きょえぇぇぇー
30km/hでコーナー入るなんて
怖すぎ

先導する教官もお気づきの様でしたが、

怖くてカーブ手前で減速してしまいました。

アクセルオフだけでなく、リアブレーキまで。

きちんと30km/h等速でコーナーリングをしたら

かなり膨らむのでしょう。という教習なのですが。

いろいろな運転姿勢

リーンアウト

教官「今度はコーナーでリーンアウト

教官「上半身はそのまま、バイクのみを傾け、お尻はシートの外側に」

メリ子のプレセカンドライフ
ヤマハ発動機

20km/h

不自然で、ぎこちないリーンアウトな、おばさん。

25km/h

速度とリーンアウトに精一杯な、目が泳いでいる、おばさん。

30km/h

やはりカーブ手前でアクセルオフしてしまい

リーンアウトだけは、なんとかやってみる、おばさん。

カーブの進入速度が速いと、コース外へはみ出してしまう。

カーブに合った車のスピードと遠心力の関係を理解し、

自分にとっての安全速度の限界を知ろう。

「自動二輪運転教本」株式会社アイム 株式会社コヤマ交通教育サービス

カーブ出口の危険回避

カーブ外側への回避と、カーブ内側への回避を体験しました。

曲り角やカーブでは、遠心力やその他の力が複雑に作用するので、二輪車のコントロールは非常に難しくなる。

また、一般的に見通しが悪く、安全運転に必要な情報が早めにとれない場合が多い。

カーブの程度や曲がり具合、道幅、見通しの状態などに応じた、カーブ進入時の速度や危険予測が大切になってくる。

「自動二輪運転教本」株式会社アイム 株式会社コヤマ交通教育サービス

コースA

教官の後ろにつき、コースAを回ります。

各課題は大きなミスもなく走行出来ましたので、

残りの時間は、急制動をする事になりました。

急制動

目標位置からの急制動

指定された位置から急ブレーキをかけて、短い距離で安定した停止ができるようにする。

「自動二輪運転教本」株式会社アイム 株式会社コヤマ交通教育サービス
スクロールできます
種 別表示速度急停止区間(乾燥時) 急停止区間(湿潤時)
大型二輪40km/h11m14m
普通二輪40km/h11m14m
小型二輪30km/h8m11m

転倒前提なのか、第1段階初めに乗るガタボコバイクに乗り換え、

初めての急制動へ。

教官「最初は30km/hでやりましょう。制動位置に来たら、3速で制動開始、ギアはそのままで停止」

教官「ブレーキは前輪7:後輪3が一般的ですが、前輪9:後輪1でも止まれます。」

教官「クラッチを早めに握ってしまうとエンジンブレーキが効かないので、クラッチは止まる直前に」

30km/h急制動

ビビリ発動、ブレーキが遅く11mで止まれず。

40km/h急制動

3回程やりましたが、スピードが足りず、ブレーキが早かったり

遅かったり。

とにもかくにもスピードが出せず、

3回目は、アクセルを回してもスッか抜ける感じ。

メリ子

せんせぇー
アクセル回してもチカラが出ません

私が乗るバイクに近づき、メーターパネル辺りをのぞき込む教官。

教官「おぉ。ガス欠です。私のバイクで車庫に戻って下さい、今日の教習は終わりにしましょう」

もしや、1・2回目もガス欠気味でした?

第2段階-6時限目 感想

カーブの安全と体感走行は、ビビリ発動で速度によるカーブの膨らみを

あまり体感できませんでした。

公道に出て危険な目に合わないよう、安全な教習所で体感しておくべきでした。

卒検をクリアし、普通二輪免許を取得したとしても、経験値が教習所のみなので

公道をうまく走れる自信がありません。

カーブ走行、小さく曲がる、路肩の段差越え、考えたらキリがありません。

メリ子

教習所で体感できる事は
怖がらずやっておきたいですね
経験は宝!

急制動は補習が決定し、次回に持ち越しとなりました。

    メリ子のプレセカンドライフ

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    Contents
    閉じる