【40代バイク免許】卒業検定【普通MT】

メリ子のプレセカンドライフ

ついにやってきました卒業検定!

お疲れ様です。メリ子です。

第2段階みきわめの翌々日、秋晴れの爽やかな朝に卒業検定を受けました。

緊張はしていないつもりでしたが、いざ検定が始まると

心と体が分離したような状態になり、ガチガチと言うよりは

夢見心地な感覚でした。

さて、結果は。

これまでの教習記録はコチラ

Contents

9:10 集合

8:55分に到着。

みきわめ後の説明で指定されていた第〇教室へ。

誰もおらず一番乗り。着席して待ちます。

9:00を過ぎると、ちらほらと入室して来る方がおり

9:10には私の他4名ほどが着席していました。

教官が入室、いよいよか!

教官「メリ子さん!ついて来て下さい。」

メリ子

え、もう始まるの?
私が一番?
あれ、コースは???

別の教室に連れていかれます。

教官「すみません。集合場所が変更になっていまして」

教官「さっきの第〇教室の皆さんは今日が入校式なんです」

教官「今日の卒業検定は、メリ子さん一人です。」

なんと、卒業検定は私だけ。

しかも、この時間は他の教習も入っていないらしく

コースには人っ子一人いません。

メリ子

最高の舞台ではないですか!

9:15 卒業検定説明

TU検定員。

教習ではお世話になった事はありませんでしたが、

第1段階の中盤に「どうですか?慣れましたか?」と

通りすがりに声を掛けて下さった方でした。

検定項目の説明

検定の流れ、検定中止項目や注意点などの説明を受けます。

教官「一通り説明しましたが、何か聞きたいことはありますか?」

メリ子

いえ、ありません。
いつも通りの走行をします。

教官「いつも通りで大丈夫です。」

コース発表

教官「今日のコースはこれです。検定はお一人だけなので20分後にスタートします。」

コースは、教習コースのA・Bが見事に合体したようなコースでした。

いつもは右折をする交差点での左折箇所があり、コース取りなどを頭でイメージしながら

コースを覚えます。

9:45 卒業検定スタート

検定中と書かれたゼッケンをつけ、発着場へと向かいます。

車に乗り込んだ検定員に名前を告げ、卒業検定スタート。

乗車

メリ子

安全確認は大げさに確実に!
スタンドを払い忘れないようにしなきゃ

一通りの乗車作法をこなし、発進します。

指定速度

交差点を右折後、すぐに指定速度40km/hを出したら

カーブに差し掛かるため減速しなければいけません。

日差しが明るく、速度ランプが点灯したのかは、わかりませんでした。

スラローム

減点前提、確実に通過しようと決めていましたので

かなりスローなスラロームとなりました。

パイロン接触もなく通過。

障害物回避

いつもは右折する交差点を左折し、

すぐに障害物回避で慌ただしい操作となりました。

教習コースのA・Bでは、長い直線の先に障害物回避がありましたので

いつもの調子だと間に合いませんでした。

安全確認は出来ていたと思います。

坂道発進

苦手な坂道Aのパターンです。

左折して坂道に入りますが、右に膨らみやすく教習でも苦労しました。

なんとか頑張って左寄りを目指しますが、若干膨らみました。

坂道発進は、逆行することなく発進出来ました。

一本橋

一昨日の慣らし走行時にも落輪していた一本橋。

成功率66.6%、卒業検定は濃い方を引きたい!

上半身をブルブルと揺らし緊張をほぐし、いざ!

元気よく平均台に乗り、目線、ニーグリップ!

あと少しで渡り切るという所で、右側に落ちそうなり、

あわや!という所で前輪後輪とも平均台を渡り切りました。

かなり危なかったと思います。

スラローム同様、減点前提でタイムは気にしていませんでした。

踏切

踏切は若干の坂道になっているため、逆行とエンストに注意。

踏切前停止、左右確認、踏切内ギアチェンジなしで無事通過。

急制動

第2段階のみきわめは雨だったので、14mでの停止でしたが、

今日は地面も濡れておらず、乾燥時の11mで停止しなくてはいけません。

2速で十分に速度を上げ、3速で速度キープ、制動開始手前でアクセルオフ、

前輪がパイロンに差し掛かったら前後ブレーキ!

うまくいきました。

クランク

第2段階の初めに調子が狂い曲がり切れない症に陥ったクランク。

一昨日のみきわめではクランク内でエンストしたので、

速度調整にも気をつけながら、目線は次の曲がり角へ。

無事にクリア。出口の左折も膨らまずうまく曲がれました。

S字

S字が最後の課題となり、無事に完走できそうだと気が緩みました。

教習中もS字では失敗がなく、完全にノーマークな課題でしたが、

まさかの卒業検定で、危機は訪れました。

左折してS字に進入なのですが、気が緩み目線が悪かったのでしょう。

S字に進入し、どんどんと右側の縁石に向かい、あわや縁石乗り上げ

という所でギリギリ回避しました。

メリ子

めちゃくちゃ焦りました!
降車するまでが卒検!

降車

S字でのドキドキが続いたまま、降車のお作法。

転倒しないよう細心の注意を払いながら降車し、

サイドスタンドを掛け、卒業検定終了。

無事に完走する事が出来ました。

10:15 卒業検定結果発表

お一人様の第〇教室で、検定結果を待ちます。

スラロームと一本橋は減点前提でしたが、合格発表までの

待ち時間は、あれやこれやと心配になってしまいます。

卒業検定を無事に完走した安堵と、合否のドキドキが混ざり合い、

なんとも言えない高揚感となり、体中を満たして行きます。

教官「お待たせしました。メリ子さん、合格です。おめでとうございます。」

メリ子

合格!嬉しい
ありがとうございます!

検定員の指摘総評
  • スラローム10.5秒
  • 坂道に入る左折の膨らみ
  • 一本橋は良く踏ん張った、タイムは良好
  • S字は目線誘導で危なかったが回避できてよかった
  • その他はおおむね良好

具体的な減点は明言されませんでしたが、

スラローム-15点、坂道左折膨らみ-5点は、確実に減点されていると思います。

危なかった一本橋ですが、検定員の方が「僕なら落ちていました。」

とおっしゃっていました。

前輪タイヤの半分が平均台から右に外れていたそうです。

メリ子

火事場のバカ踏ん張り

卒業検定 感想

第1段階-19時限、第2段階-12時限、

トータル14時限オーバーで教習を終えた

ヘタクソ教習生おばさんでしたが、

卒業検定は一発で合格できました。

根気強く指導して下さった教習所の教官の皆様に

感謝申し上げますと共に、一本橋での神がかった

踏ん張りを後押ししてくれた、見えない何らかにも

お礼申し上げます。

人っ子一人いない、一人だけの卒業検定という舞台に

恵まれた事も非常に有難かったです。

たまたまかもしれませんが、予約して下さった教官の方には

足を向けて寝られませんね。

コメントやツイッターでアドバイスして下さった皆様も、

本当にありがとうございました。

今まさに教習を頑張っているみなさま、

ヘタクソおばさんでも卒業できました、大丈夫です!

さて、めでたく教習所を卒業しましたが、

運転免許センターで免許の併記手続きを済ませないと、バイクには乗れません

平日しか併記を受付していない都道府県が多いようなので、注意が必要です。

    メリ子のプレセカンドライフ

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    Contents
    閉じる