【40代バイク免許】第2段階-12時限目(延長4)みきわめ【普通MT】

メリ子のプレセカンドライフ

雨の中での第2段階みきわめとなりました。

お疲れ様です。メリ子です。

第1段階のみきわめでは、緊張していないようで

初めてスタンドを払い忘れるというミスがあり、

緊張していたのか!と思い知らされました。

今回の第2段階みきわめでは、緊張もなく普段通りの走行が出来ました。

◆二輪車の車両特性を理解し余裕のある安全運転を目指します◆

メリ子の進捗教習項目
第2段階-12時限目17
進度マニュアル 教習項目
第2段階-12時限目 延長4

詳しい教習進度マニュアルについては、コチラの記事をご覧下さい。

今日の教習項目

  • 17.教習効果の確認(みきわめ)

それでは、れっつらゴー!

これまでの教習記録はコチラ

Contents

外周

SD教官。

外周で慣らし走行をしながら、基本乗車姿勢、ニーグリップ、

目線なども確認します。

課題でミスをする時には、たいてい基本を忘れています。

一本橋

ななななんと、3回中、2回の脱輪。

メリ子

目線、ニーグリップ
断続クラッチ、リアブレーキ
何がいけなかった?

細かなハンドルクイクイ操作の際に、上半身もブレているのかもしれません。

これから効果のみきわめ、卒検の日程も決まったというのに脱輪は焦ります。

みきわめ

教官「では、みきわめ始めましょう。」

教官「今日は雨なので急制動の距離が11mから14mに伸びます。」

教官「転倒しないよう気を付けて下さい。」

コースA

外周で脱輪していた一本橋は落ちる事がなく、7秒代で通過。

坂道Aの左折の膨らみも頑張って押えました。

コースAを2周しましたが、大きなミスもなく走行できました。

コースB

コースBは、途中でコースAと混同しやすく苦手でしたが、

みきわめ前にコースを完全に覚えました。

クランクに進入後、ウィンカーの左右切り換えをするのですが、

ウィンカー操作に気を取られ過ぎたのか、まさかのエンスト。

コースBは1周でしたが、クランク以外はミスはありませんでした。

みきわめ結果

教官「クランクでは何があったの?どうしたの?」

メリ子

ウィンカーに気を取られ
失速し過ぎたのだと思います。
断続クラッチの調整がうまく追いつかず
エンストしました。

教官「そうでしたか。クラッチ切っちゃえば大丈夫でしたね。」

第2段階 みきわめ 

・全体的に問題はない。

・坂道Aの膨らみはあるが、許容範囲内。

・クランクとS字の出口左折は膨らみに苦労したのでは?よくできていた。

・雨の急制動だったが制動距離を欲張らず14mを使いうまくできた。

教官「みきわめ、大丈夫です。終わったら卒検の申請をして下さい。」

メリ子

ありがとうございます!

第2段階-12時限目 感想

外周慣らし走行で一本橋の脱輪を連発し、かなり焦りましたが、

みきわめは落ち着いて走行できました。

雨の中のみきわめでしたが、合格できて嬉しいです。

本日の一本橋の成功率は、66.6%。

次回は、いよいよ卒業検定です。

    メリ子のプレセカンドライフ

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    Contents
    閉じる